ガリガリに瘦せているチワワ
【 Question 】

成犬になった未だに体重が1.5㎏もなく、ガリガリに痩せているのですが、 もう少し肉を付けるにはどうしたらよいでしょうか?

3歳を過ぎたチワワです。

体重が現在1.3㎏程度しかなく、ガリガリに痩せています。

もともと小さい頃から、 ドッグフードもガツガツ食べるほうではないのですが、 それでも1日に50gほどエサを与えています。

ドッグフードは朝と夜の2回に分け
1回に25gずつです。

エサの量が少ないから痩せているんじゃないか?と思って、 それ以上与えていたこともあったのですが、 結局残してしまいます。

ネットでエサの量とかも調べたりはしているのですが、 年齢や体重によって与える量が全然違うので、 正直、どれくらいの量が適正なのかがよく分かりません。

あまりにもガリガリに痩せているので、 あばら骨も浮き出て見えてしまって、 散歩させてても、
「随分痩せてますね。。。」
などと声をかけられたりします。

そうかといって、散歩は喜んでいるみたいだし、 元気は元気なので、病気でガリガリに痩せているとは考えにくいのですが、 正直、こんな貧そな体で長生き出来るのだろうか? と心配になることもあります。

一度、獣医さんに診てもらったほうがいいのかも。。 とも思っているのですが、痩せている以外は、 どこも悪そうなところがないので、今は様子を見ているところです。

1歳にも満たない幼犬なら分かるのですが、 3歳を過ぎて成犬の部類に入るのに、 1.5㎏にも満たないので、 今後、骨折や病気になり易くなる可能性はあるのでしょうか?

食べ過ぎて肥満になるのも良くありませんが、 せめてもう少し肉を付けるには、どうしたらいいのでしょう。

【 Answer 】

ガリガリに痩せているのに元気があるのはカロリー不足と筋肉不足

一般的に、チワワの平均体重は1㎏~3㎏と言われていますが、 3歳を過ぎた成犬のチワワで1.5㎏以下というのは、 正直、痩せすぎかと思いますね。

もともと、あまり食べないということですが、 1日に50gのドッグフードなら、そこまでガリガリに痩せることは、 通常ありません。

お話しの内容を読ませて頂く限りでは、 特に病気ということでもなさそうです。

では、何故そこまでガリガリに痩せてしまっているのか?

考えられる原因としては、

・カロリー不足
・筋肉不足

が挙げられます。

この2つの点について、もう少し深く掘り下げてお話ししていきましょう。



高カロリーの食事を与えることと
チワワに必要な1日の摂取カロリー

多くの飼い主さんが勘違いし易いことの1つとして、 ドッグフードを与える際に、量(〇〇g)を目安にしていることです。

本来、
正しいドッグフードの与え方は、 量ではなく「カロリー」を計算して与える のが正しいやり方なんですね。

チワワも人間と同じように、 カロリーの低い物ばかりを食べていると痩せていき、 カロリーの高い物ばかりを食べていると太っていきます。


・痩せ気味のチワワには高カロリー
・肥満気味のチワワには低カロリー
痩せ気味のチワワ 肥満気味のチワワ
これを考えずに、ドッグフードを量で決めていても、 ドッグフードによって、カロリーの高いものもありますし、 カロリーの低いものもあります。

当然、痩せているチワワに、カロリーの低いドッグフードばかりを与えていたら、 更に痩せていきます。

逆に、肥満のチワワに、カロリーの高いドッグフードばかりを与えていたら、 どんどん太っていき、それが原因で病気になってしまうこともあります。

チワワに与えるカロリーの目安として
体重(㎏) カロリー
1㎏ 110㎉
2㎏ 185㎉
3㎏ 259㎉
4㎏ 315㎉
5㎏ 370㎉
6㎏ 426㎉
となっていますが、上の表は、あくまでも成犬(1歳~6歳)を対象にしたものなので、 シニアを過ぎたら、カロリーも低めにしないといけません。

なので、今回のケースのように、
「量をたくさん食べない」
ということであれば、 カロリーが高めのドッグフードを与えるのも1つの方法でもあります。



筋肉が付くドッグフードを与える

チワワに限らず、他の犬種。。また、人間にも同じことが言えるのですが、 「筋肉を付ける」ことは、とても大事なことです。

骨と皮、わずかな脂肪しかなく、ガリガリに痩せているのは筋肉が無い証拠。。

今回のケースのように、 高カロリーのドッグフードに変えて、
脂肪で体重が増えても、筋肉を付けて体重を増やさなければ意味がありません。

なぜなら、筋肉が無いのに体重だけが増えてしまうと、 かえって足や腰に負担がかかってしまい、 骨折などを起こし易くなるからです。

少々痩せていても、筋肉さえシッカリ付いていれば、 ケガや病気にも強くなり、 いつまでも元気でいてくれるようになります。

なので、
単に体重を増やすことだけを考えるのではなく、 筋肉の重さで体重を増やすことが、一番大事なことなんですね。



市販のドッグフードでは筋肉は付かない

では、どうしたら
・筋肉を付け
・体重を増やす
この両方を実現させることが出来るのでしょうか?

答えは簡単です。

それは、

高タンパクで筋肉を作り易い「肉類」を主食として与え、 適度な運動(散歩)をさせること。。

タンパク質は、筋肉を作り出すために無くてはならない栄養分です。
鶏や魚の肉は筋肉の元になるタンパク質が豊富
しかし残念なことに、
・価格が安くて
・量が沢山ある
市販のドッグフードには「肉類」が含まれているものが殆どありません。

肉の代わりに、販売価格を安く抑えるため、 原材料が安い
・とうもろこし
・小麦
といった「穀類」が中心になっているのが現状です。

確かに「とうもろこし」や「小麦」にもタンパク質は含まれているのですが、 肉に比べてタンパク質の量が少ないこと以外に、 穀類は消化にも時間がかかります。

消化に時間のかかる穀類から、筋肉を作るだけのタンパク質を体内に吸収させるには、 小腸が長くなければいけません。

人間の場合は、腸の長さが12m~15mもあるので、 時間をかけてゆっくり消化し、タンパク質を無駄なく吸収することが出来ます。

しかし、
チワワのような小型犬の腸は2m程度しかないため、 穀類を完全に消化することが出来ず、タンパク質も殆ど吸収されません。
チワワの腸は2m程度 人間の腸は12m~15m
よって、 穀類中心のドッグフードをどれだけ与えても、筋肉が中々つかない わけなんですね。

それだけでなく、 消化不良を起こしたり、短い腸で無理に消化しようとするので、 腸には物凄く負担がかかってしまうのです。

これを長期間続けていると、 腸自身にも障害が出てくる恐れがあります。

筋肉を付けてガリガリに痩せている体を丈夫で健康にするためには。。

ガリガリに痩せている体に筋肉をつけ、 丈夫で健康な体を作り上げるには
「肉」を食べさせること!
これに尽きます。

もともと犬の祖先はオオカミなので、 本来であれば、
犬もオオカミ同様「肉食動物」 なんです。

そして、犬は肉が大好物です。

しかし、
いつの間にか、人間の都合で「肉」ではなく、 「穀類」中心の食事が当たり前のようになってしまったんですね。

肉は、筋肉を作るためのタンパク質が豊富に含まれているだけでなく、 消化も早いので
・短時間で
・無駄なく
犬の体内に吸収されるので、腸にも負担がかかりません。

「草食動物」には野菜や草を。。 「肉食動物」には肉を与えるのが、自然の法則です。

そもそも、

肉食動物に肉を与えず、穀類ばかりを食べさせていること自体が、おかしな話 だとは思いませんか?

肉で食いつきが良くなる理由は、もともと持っている犬の本能だから

肉は「食が細い」犬にとっては、食欲をそそるのに、 うってつけの食べ物でもあります。

犬も人間と同様に、食べ物に好き嫌いはあります。。 人間は味覚で判断することが多いのですが、犬の場合は

「臭いで判断する」
ところが人間と大きく違うところです。

犬の嗅覚は、人間の100万倍~1億倍あると言われているので、 鋭い嗅覚と「肉食動物」の本能で

・肉 = 必要な食べ物
と瞬時に判断し、食いつきます。

人間や犬に限らず、地球上に生息している全ての生き物は「本能」で、 生きるために、自分に合った食べ物を食べるようになっています。

犬に「肉」を与えると、食いつきがいい理由は、 肉を食べることで、獲物を捕らえるために必要な筋肉や体力を身に付けることが、 本能として備わっているからなんですね。



穀類ではなく肉が入ったドッグフードを与えるのが一番理想的だが。。

犬には肉を与えるのが大事だ、ということは、 お分かり頂けたと思います。

しかし、問題なのは、 ドライタイプで肉が入ったドッグフードは、 ペットショップやスーパーなどでも、あまり置かれていないことです。

ドッグオーナーの中には、 わざわざ脂分の少ない「鶏のささみ」を味付けしないで、 ゆでたものを手作りご飯として与えている人もいます。

ただ、現実的なことを考えれば
・お金
・手間
この両方が掛かるのは確かなので、 中々難しいという事も一理あります。

では、
どんなドッグフードが一番理想的なのか?
↓をご覧ください。

【 ドッグフード選び関連記事 】
チワワの健康を守るドッグフード選びのコツ >>

ガリガリに痩せているチワワに食欲を与えて丈夫な体にさせるためには? - まとめ

長い間お読みいただきまして、
ありがとうございました。

今回は、チワワがガリガリに痩せてしまっている原因と、その対策について、 お話しをさせていただきました。

まず、
ガリガリに痩せている原因として
・ご飯をあまり食べない
・カロリー不足
・筋肉不足
が挙げられることをお伝えしました。

そして、それらの対策として
・ご飯は量でなくカロリー計算で決める
・消化が早くてタンパク質が豊富な肉を食べさせる
・脂肪ではなく筋肉で大きくさせる

この3点が、とても重要であるということです。

痩せているからといって、 単に高カロリーのドッグフードを与えるだけでは、 脂肪が増えていくだけで、健康的な太り方とは言えません。

まずは、

「食欲をそそる」食事は何なのか? ということを考えた上で、ご飯を与える必要があります。

犬は、
・味覚ではなく嗅覚で判断する
・もともとは肉食動物である

ということを考えたら、 穀類だらけのドッグフードを長期に渡って与えていたのでは、 健康を害する恐れがあるので、 肉を与える必要がある。。ということですね。

今回ご質問を頂いたケースでも、
「あまり食べない」
ということが、痩せてる原因になっていることは明確です。

まずは、食欲をそそるご飯を与え、 普通に食べてくれるようになったら、 カロリーを計算しながら、少しづつ筋肉を増やしてあげることが望ましいと思います。


最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございました。
感謝



【 ドッグフード選び関連記事 】
チワワの健康を守るドッグフード選びのコツ >>